ごあいさつ

治療の流れ

 1.問診

 

初診時にお困りの症状が、いつからどのようにあるかなどをきかせていただきます。

 

また症状を生み出す要因を探るため

生活習慣や趣味、お仕事の内容などもきかせていただきます。 

 

   

2.脈診

 

両手手首の脈の拍動を診て治療の必要な経絡を探します。

同じ症状であっても、その人その人でバランスの崩れている経絡は違います。

脈診をすることで、患者様一人一人にあったオーダーメイドの治療をすることが出来ます。

DSC04052 (1).JPG 

 

     

3.治療

 

鍼とお灸を用いて全身のツボ(全身をめぐる経絡のバランスを整える治療点)

に治療を行います。 

 DSC04020 (1).JPG

鍼 直径0.18ミリ(髪の毛ぐらいの太さ) 刺す深さは2~5ミリ

当院では使い捨ての鍼を使用しております。

DSC04089 (1).JPG

灸 半米粒大のもぐさを灸点紙という紙の上でもやします。

 DSC04102 (1).JPG

必要に応じて皮内鍼 円皮鍼という皮膚内に鍼をとどめておく治療を行います。

ツボに鍼をとどめることにより、治療効果を長く保つことが出来ます。 

 

小児はり

 

小さなお子様には小児はりによる治療を行っております。

皮膚をこすることでツボに刺激を与えます。

夜鳴き 疳の虫 咳 小児喘息 便秘 アレルギー性湿疹などの症状に効果的です。

DSC04061 (2).JPG

 

DSC04070 (1).JPG